使い道と実績

備前市の活用事業

【活用事業】熊本県への支援金を届けました


熊本地震に際し、犠牲になられた方々に哀悼の意を表すとともに、
避難等により不自由な生活を余儀なくされている皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

当市ではふるさと納税制度を活用し、熊本県への支援金の募集を行ったところ、
【210名】の方々より【4,358,000円】のご寄附を頂戴いたしました。

1月23日、当市副市長にて熊本地震被災地の慰問及び寄附金受け渡しを行いましたので、
ご報告をさせていただきます。
ご協力をいただきました皆様ありがとうございました。

※写真は(左)有吉 隆之 備前市副市長 (右)大村 裕司 熊本県理事

【活用事業】市内小中学校エアコン整備事業


全国の皆様からいただいたふるさと納税を活用し、児童・生徒の教育環境の改善・向上を図るため市内全小中学校へエアコンを設置しました。
「教育のまち=備前」らしく将来を担う子どもたちが学習に集中できる環境を整備することができました。
ご支援をいただきました皆様ありがとうございました。

【活用事業】教育支援ソフト導入事業


全国の皆様からいただいたふるさと納税を活用し、既に教育用タブレットを市内小中学校へ導入している備前市において、ハード面だけでなく、ソフト面での充実も図り、「思考力」「判断力」「表現力」を総合的に育成できる教育支援ソフトを導入しました。
ご支援をいただきました皆様ありがとうございました。

【活用事業】公共交通(バス運行)維持事業


全国の皆様からいただいたふるさと納税を活用し、備前市営バス運行の維持事業に活用させていただきました。
年少者や高齢者など自家用の交通手段を持たない方の移動手段を確保するとともに、観光等でお越しいただいた方の利便性・快適性の向上に努めていきます。
ご支援をいただきました皆様ありがとうございました。